自由な人々と和歌山で出会いがあってラッキーだ

コロンビアの戦いもまた良いサッカーをしました、しかし、私は状況と戦術がコロンビアの自己破壊のためにラッキーだと思いました。和歌山で出会い
私はセネガルとの試合に驚きました。ボールをなくしてボールを奪うことはありません。自由な人々を作って撃ってください。和歌山で出会い
二人がポイントだったと思います。修と雅子。ボールが盗まれることなくフィットするので、オサコは2番目のボールとポストプレーを攻撃時に守ります。周囲は上がり、動き回ることができます。防御側を背負ってパスを出すため、受け側は正面を向き、次のプレーに意識を向けることができました。
そしてまさこ。私は敵のエースと競い合って敗れなかった。これが失われた場合、あなたは防御するためにそれを下げなければなりません。しかし、私たちは競争できることを知っていたので、私はいくつかの攻撃を適用することができました。
西の賭博、ポーランドの戦い。和歌山で出会い

 

主力の休憩でトーナメントを進めます。
そして私はベルギーをうまく飛ばしました、私はうまく走っていて、そして相手のゴールを何度も脅かしました。対戦相手の最初から先を向いて反対側を通り抜けるのは戦術だった、そしてそれは完璧にフィットしていた。
勝利の女神は微笑みませんでしたが、海外のトップチームと競争できることが証明されました。和歌山で出会い
最後に、西野氏は「何が足りなかったのか」とつぶやいた。
私もそう思います。トーナメントへの参加方法、メンバーの選び方、ゲームの面白さ、戦術、勝つところなど。私は敵のエースがすべてのゲームを通してまったく機能しなかったと思います。うまくいったと思います。何が悪いのかわかりません。
それは私が本当に圧倒的にinfであるチームを言うことによってだけ満足しなければならないということかもしれません
これまでのところ、戦闘能力の点では十分でした。
運がなかったとしましょう。和歌山で出会い
今回は大きな可能性を秘めたチームで、夢を見ました。
私が声を失った街で
寒くなる道の終わり
ひどく動く影
私はガラスを見つめています
時折
この街が足りないようですね
少し耳に
痛みを伴う和歌山で出会い

陽気な火に揺さぶられる体へ
まだ熱を残して

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*