都合の良い方法の出会い

飛鳥時代の出会いについては、出会いと入香は悪人のようだと誰もが思っているようです。
歴史家は、後の権力が彼らにとって都合の良い方法で書いた、日本書紀に同意するので、当時の改革とリベラルだったSo我を出会い落させるように書いた。 。

若さを引きずっていては出会いは成就しない

我我蘇我氏は、百済とのやり取りに従事していた政権に対して唐王朝と取引すると主張した。しかし、中年の兄弟である王子は、新羅と協力して完全に敗北した唐の軍隊との無謀な戦いに挑戦します。これはいわゆる白村江の戦いです。
60年後の日本書紀では、このような不完全な皇室の真実を書く方法はありません。

したがって、それは偽造と偽造です。
うーん?これは現在の政府と同じです(笑)。

出会いは変わっていません。
日本人は感情を表現するのが苦手です。

国民性ですか?文化的ですか?

私はそれを賞賛するとは思わない。
(T_T)\

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*